「苦労」という言葉にまつわること

ひと昔前には

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」なんてよく言われましたよね。

逆に今は

「苦労なんてしなくていい。」って言葉もよく聞きます。


そういうのを聞いて思うんですけど「苦労」って、売ったり買ったり(笑)とか、した方がいいとか、しない方がいいとか、って種類のものではないですよね。


自分の身の回りに起きることっていうは、

たいてい自分にとって「起こることが必要なこと」なんじゃないかなー。

つまり、運命とか運勢とかの観点から見ると、あらかじめ予定されていたことだと思うんですよね。


だからといって全ての「苦労の発生」を自分でコントロールできないか、というと、そうでもない。

自分の意思とは無関係に発生してしまう「苦労」はもちろんあるのですが、「Aの道を行くか、Bの道を行くか」という判断は、自分がするわけですから、選んだ道に進んだ結果、たいへんな苦労をしたり修羅場に巻き込まれたりすることは「自分が決めた結果」なんですよね。


30歳くらいの頃に読んだある書籍によると

「自分が生まれていく『親』さえも自分の魂が決めている。」とのこと。

僕には魂としての記憶がないので、本当のところは分かりませんが、自分の両親のことを思うに「魂の修行のためにこの両親の元に生まれ落ちることを自分の意志が選んだかも!」って思えてしまったりしますね。笑


で、その目的は「未熟な自分が(あるいは自分の未熟な魂が)少しでも向上するため」なのではないかと。


苦労ってその渦中にいるときに苦労だ!って感じることもあれば、

だいぶ時間が経過してから感じるものもありますよね。


ボクが今の若い人々に「苦労」について声をかけるとしたら、

きっと異論百出でしょうけど、

「AとBのどちらかを選ぶ場合、楽でない方を選んどきね〜!」です。


苦労は

1)自分の限界点を教えてくれる。

その時点での自分の器の大きさがわかるので、苦労を克服するための様々なスキルを向上させることに繋がります。


2)根拠のない自信を粉々にしてくれる。

時に人格を破壊してくれる人と出会うので、謙虚さを会得できます。


3)滅多にできない体験をさせてくれる。

その苦労の種類によりますが、ボクの場合は、父の会社の倒産から派生する出来事をたくさん体験できました。例えば、倒産の法的な事後処理の仕方とか、個人資産の残し方とか。笑


「音楽」に置き換えてみますと、

よく「演奏する側が楽しまないと、お客様を楽しませることはできない。」って言いますよね。


ボクは基本的にはこの言葉には、かなり懐疑的です。

演奏する自分が楽しむ音楽的「レベル」ってどんだけ高いのよ!笑 


そのレベル到達の為に、発狂寸前まで「練習」せなあかんのですが。笑

もちろん「練習」と「苦労」は異なる次元のことですが、

「自分の限界を知る行為」という点では共通項があるかもしれません。


それに人前での演奏行為は「精神的に全裸になった自分を見てもらうこと」ですので、その赤裸々な行為には、よほどの覚悟が必要なんです。

その覚悟なしに、音楽の中身の内容でなく、外見の見てくれなどだけに頑張る人が多いのが昨今の音楽界ですね。笑 


話が外れました。m(_ _)m


勘違いしてはならないのは「自分だけが苦労しているんだ」という考え。

実は、事の大小はあれど、苦労をしていないヒトはかなり稀です。


ボクの音楽は64年弱の自分の人生の体験が元になっています。

そしてそれはあまりに辛い出来事の連続でした。

しかし、自分だけが辛い出来事の中を生きてきたわけではなく、世の中の人々の多くは、辛い出来事を掻い潜ってこられていると感じています。


そんな皆さんからの共感を得て、ボクは音楽家として成立しています。

皆さんの共感を得る音楽を創れなくなったら、ピアノの蓋を閉じる時だと思っています。


ぼくの中でのキーワードは「共感」です。

そして「一流とはヒトの心を動かすもの」とボクは定義しています。

ボクの音楽で心がピクリとも動かないヒトはまだまだ多いです。


現段階では「苦労」を体験した方だけがボクの音楽に「共感」してくださっているような気がしています。

人生で「苦労なんかしたことがない」という人々にもいつか共感していただけますように精進いたします。


※画像は本文とは関係ありません。

金谷康佑ミュージックスクールに年少から現在(高1)まで11年通ってきてくれているO君。




コメント

  1. 先生は何百回生まれ変わられたのでしょうか。魂のレベルの深さを感じます。

    自分が選んだはずではないと思う運命に翻弄され、悩んで袋小路を彷徨っていた10代の終わりに伺いたかったお言葉です。

    そうなんです、私が両親を選んだから彼らの遺伝子を引き継いだのですね。それは私に与えられた試練であり使命だと思って、できる限り頑張っていこうと思います。勇気をありがとうございます💕

    先生も頑張ってください。心から応援しています⭐️

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「杉田あきひろ」のこと〜2〜 

「杉田あきひろ」のこと〜1〜 

TheNEO旗揚げライブのこと