投稿

ラベル(日記)が付いた投稿を表示しています

『地球・平和・未来の日コンサート』への想い

イメージ
ほんとに長く更新できてませんでした。m(_ _)m  書くことがないほどボヤーっと過ごしていたか、 逆に、書く暇がないほど、忙しかったか!?爆  たぶん、前者、、、。笑 8月7日に開催する「地球・平和・未来の日コンサート」についての想いをしたためましたのでご一読くださいませ〜。 ▼『地球・平和・未来の日』について (はじめに) この日は私ピアニスト金谷康佑個人が発案しこの度公表いたしました。 特定の政党や政治勢力・団体、および特定の宗教団体や関連組織には一切関係しておりません。 (経緯) 昨今の混沌とした社会状況の中、若い人々が第二次世界大戦や太平洋戦争について、その内容や惨状、ややもするとその存在すら認識していないことを私はSNS等を通じて感じ、このままではまたあの悲惨な戦争を繰り返してしまうことを強く危惧するようになりました。 そして自分が音楽家として何ができるのかを考え、辿り着いたのが『地球・平和・未来の日』をつくり、その日に「音楽を通じて、お客さまに『地球』と『平和』と『未来』あるいはそれに纏わることを『考えて』いただきたい。」という想いなのです。 タイトルに「戦争」の二文字はありませんが、「地球・平和・未来」を考えるということは、とりも直さず「戦争」について考えることだと認識しております。 戦争の恐ろしさの本質の一つに、一市井の人がある日突然、人を殺めなければならない人になってしまい、それが正当化されてしまうことだと思っています。 いかなる理由があれど、戦争に突き進まないよう、一人一人の心の中に音楽で訴えかけることができれば幸いです。 (日程) その日程を考えた時に、やはり原爆忌や終戦の日の近隣日程につくるのが相応しいと考え、広島原爆忌と長崎原爆忌の間、8月7日と8月8日をその日にすることにいたしました。 この両日、またはいずれかの日に、毎年、コンサートを開きたいと思っています。(※但し、両日が平日の場合、その直前の土日に開催することもあり得ます。) (演奏内容) 基本的には金谷のオリジナル曲を中心とした楽曲を演奏(歌唱を含む)いたします。 例)・或る兵士の唄(湾岸戦争時に作詞作曲)・未来へと続く道 など (来年の予定) 8月6日(日)の午後に南禅寺の近くの「kokoka京都市国際交流会館」で開催する予定です。 (おわりに) たった一人の名も無いピアニスト

「金谷康佑コミュニティ」に入会してください〜

イメージ
実は、公式ホームページが何気に充実してるんです。 <金谷康佑公式ホームページ> https://course-k.jp/ 昨年から少しずつ作っていただいていた公式ホームページなんですが、ほぼコンテンツが出揃いましたので、ここにお知らせさせていただきたいと思います。で、そのコンテンツの中の「コミュニティ」の会員を募集させていただきたいと思います。何卒よろしくお願い申し上げます! 【コンテンツ】 ①TOP   ②対談 ③CD on SALE ④PROFILE ⑤ショップサイト(外部へ飛びます) ⑥コミュニティ(外部へ飛びます)  ①TOPには、ピックアップコンサートのお知らせがあって、ブログと全てのライブ情報へのリンクがあります。 ②対談は、このHPの目玉と言えます。 この半年でお二人と対談をしました。 第一回目がフランス文学者の鈴木創士さん、 第二回目がアメリカ文化学者である水田和生さん(京都産業大学名誉教授) です。お二人ともとにかくお話が面白いです!ぜひご視聴ください。 第三回目はどなたとの対談になるでしょうか!?乞うご期待!  ③CD on SALEは、文字通りCDが購入できるサイトです。⑤からも購入できます。 ④PROFILEは、簡潔にまとめました! ⑤ショップサイトは、CDの他に公式グッズが購入できます。めちゃ充実! ⑥コミュニティは、会員を募集していて、さまざまな特典があるんです。が、たぶん、まだ会員を目立って募集していないので稼働してないと思います。これを機会にぜひご入会くださいm(_ _)m <会員特典> ⒈ 記念品が贈られる(ステッカー、エコバッグ) ⒉ オリジナルグッズ・CDをファンクラブ会員価格で購入できる ⒊ チケットの優先販売 ⒋ コミュニティ会員限定イベントの参加(クローズド配信やライブへのご招待など) ⒌ 年1回、金谷康佑からのサプライズ(割引券の発行、クローズドコンサートの配信への招待など)

「地球・平和・未来の日」を制定しました!

イメージ
この2年のコロナ休暇の間、コロナ明けからのボクの音楽の方向性を模索してきました。 自分の事務所を閉鎖し、新しい事務所である(株)アティーナに入り、シンガーの杉田あきひろとの再会、そしてThe NEOの結成、The Trio Empathyの充実、など多くことが大きな変化をしました。 そしてこの激動の中 新しいテーマを「未来」に決め「未来組曲」全四楽章を作曲。 さらに「未来」を自分の中で深めていき、未来を担う子どもたちが存分に夢ある未来を創造するためには、世界の「平和」が不可欠であり、さらには「地球」の健全な環境が必要である、とボクは結論づけました。 これでボクの残りの人生の音楽のテーマが全て出揃ったのです。 それは 「震災復興」「癒し」「共感」「感動」そして「地球・平和・未来」 です。 そして、 広島と長崎の原爆の日の間の8月7日と8月8日の二日間を 「地球・平和・未来の日」 と名づけ、 この二日間のどちらかの日にコンサートを開催していくことを決めました。 ボクは50代の10年間「Notes Of Life」(人生ノヲト)コンサート、そして60代の10年間「Era of Empathy」(共感の時代)コンサート(今年で5年目)を年一回開いています。 「地球・平和・未来の日」コンサートも、今年から10年間の開催を目指そうと思います。 そして、この日を世界中の皆様に認知していただき、ボクがいつかこの世を去っても、どなたかが継続してくださることを願います。 世界も日本も、もはや平和でないと感じています。 世界の平和と地球の健全な環境、そして子どもたちの夢ある未来を願って、この日のコンサートをどうかご支援ください。 今年のこのコンサートの詳細はすでに出ておりますので、恐れ入りますが、金谷康佑ライブ情報でご確認、そしてチケットのお申し込みをお願いいたします。 m(_ _)m  【金谷康佑ライブ情報】 https://www.mojage-live.info/2022/06/20220807sun.html ※画像は7月17日に宮津市で開催する「音楽のチカラ〜感動コンサート〜」で共演する「みやづkidsハーモニー」の皆さんです!

NPO法人「ハーモニィカレッジ」のこと 

イメージ
1997年4月、鳥取の八頭町(旧八東町)に日本一小さい牧場が誕生しました。 創設者は石井博史(通称ヒロさん)さん。 ボクより確か六歳くらい年長の方です。 彼は、ハーモニィカレッジが「たくさんの人の安心できる場所」になるようにとの願いを込めて、乗馬や自然体験を通して青少年の健全育成を行う活動を開始し、子どもたちのありのままを受け止めてきました。 ボクはハーモニィカレッジの創立まもない頃に初めて関わりました。 小学5年生の教え子K君が父親の交通事故死をきっかけに不登校になってしまったことがきっかけでした。 とても明るくて優秀だった彼をこのまま不登校児にしてはいけないと思ったボクは、 大阪肥後橋にあった「臨床教育研究所」の三島照雄先生に相談しました。 三島先生は「鳥取に石井という凄い人物がいる。とにかくそこに連れて行きなさい。」とアドバイスしてくださいました。 ボクは石井氏がどう凄いのかわからないままでしたが、K君を八東町まで連れて行って、K君には「一週間ここでのんびりしとき〜。」と言って、ヒロさん夫妻に託しました。 当時のハーモニィカレッジは、旧八東町にあって、小さな牧場とポニーが3頭だったか4頭だったか。 ヒロさんと奥様は、全国各地から来た不登校の子どもを受け入れて、自宅で一緒に生活をし、牧場でポニーのお世話と乗馬訓練を通して自立を促進して巣立たせる、という生活をされていました。 一週間後、K君は一人で特急白兎に乗って神戸に帰ってきました。 三宮駅まで迎えに行ったボクは「イキイキと輝いた目」「全身から漲るエネルギー」に本当に驚いたのを今でも覚えています。 彼は、ハーモニィカレッジで馬たちと触れ合った影響でしょうか、いま獣医として大活躍しています。 さて、八東町から戻ってきたK君の変貌ぶりに驚愕したボクは、ヒロさんの「凄さ」に感激・感服し、以来、毎夏、20人〜30人くらいの小学生を「ポニーキャンプ」という名前で、ハーモニィカレッジに連れて行くようになりました。(芦屋高校の同級生のカメラマン小澤秀之氏が帯同してくれてずっと写真で記録してくれました。) また、毎秋には、ジャズ好きのヒロさん(当時、荒崎英一郎氏にサックスの通信教育を受けておられました!)のお声がけでジャズコンサートを開いていただきました。 盟友の渡辺剛始め、荒崎英一郎氏・中嶋明彦氏・堀越彰氏など錚々たるミュー

「苦労」という言葉にまつわること

イメージ
ひと昔前には 「若いうちの苦労は買ってでもしろ」なんてよく言われましたよね。 逆に今は 「苦労なんてしなくていい。」って言葉もよく聞きます。 そういうのを聞いて思うんですけど「苦労」って、売ったり買ったり(笑)とか、した方がいいとか、しない方がいいとか、って種類のものではないですよね。 自分の身の回りに起きることっていうは、 たいてい自分にとって「起こることが必要なこと」なんじゃないかなー。 つまり、運命とか運勢とかの観点から見ると、あらかじめ予定されていたことだと思うんですよね。 だからといって全ての「苦労の発生」を自分でコントロールできないか、というと、そうでもない。 自分の意思とは無関係に発生してしまう「苦労」はもちろんあるのですが、「Aの道を行くか、Bの道を行くか」という判断は、自分がするわけですから、選んだ道に進んだ結果、たいへんな苦労をしたり修羅場に巻き込まれたりすることは「自分が決めた結果」なんですよね。 30歳くらいの頃に読んだある書籍によると 「自分が生まれていく『親』さえも自分の魂が決めている。」とのこと。 僕には魂としての記憶がないので、本当のところは分かりませんが、自分の両親のことを思うに「魂の修行のためにこの両親の元に生まれ落ちることを自分の意志が選んだかも!」って思えてしまったりしますね。笑 で、その目的は「未熟な自分が(あるいは自分の未熟な魂が)少しでも向上するため」なのではないかと。 苦労ってその渦中にいるときに苦労だ!って感じることもあれば、 だいぶ時間が経過してから感じるものもありますよね。 ボクが今の若い人々に「苦労」について声をかけるとしたら、 きっと異論百出でしょうけど、 「AとBのどちらかを選ぶ場合、楽でない方を選んどきね〜!」です。 苦労は 1)自分の限界点を教えてくれる。 その時点での自分の器の大きさがわかるので、苦労を克服するための様々なスキルを向上させることに繋がります。 2)根拠のない自信を粉々にしてくれる。 時に人格を破壊してくれる人と出会うので、謙虚さを会得できます。 3)滅多にできない体験をさせてくれる。 その苦労の種類によりますが、ボクの場合は、父の会社の倒産から派生する出来事をたくさん体験できました。例えば、倒産の法的な事後処理の仕方とか、個人資産の残し方とか。笑 「音楽」に置き換えてみますと、 よく「

めちゃ久しぶり!日記です!

イメージ
お久しぶりです! 5月12日以来、 ハードスケジュールで疲れてしまってブログ書けませんでした。m(_ _)m 今日は日記風に赤裸々(笑)に記録したいと思います。 ▶︎5月12日(木) 京都祇園のジャズライブハウス「バハブラット」での金谷康佑クインテットライブに杉田あきひろが飛び入りしました。 バリバリのジャズのセッティングだったのですが、バンドを圧倒する迫力で見事に唄い切りました!ライブ終了後、お客様に祇園のBARに連れて行っていただき、舞妓さんと芸妓さんをこの歳で初めて拝見しました。 僕も杉田もノンアルコールだったので早々にホテルに入り寝ました。 ▶︎5月13日(金) 京都市内から宮津の天佑庵ピアノホールに入り、The NEOのリハーサルをコッテリとやりました。夜は美味しい海鮮を食べました。 ▶︎5月14日(土) 宮津市の伝統あるイベント「じょん・のれん」に出演しました。 重要文化財の旧三上家住宅の土間でThe NEOのパフォーマンスをコッテリさせていただきました。 天橋作事組のみなさまに大変お世話になりました。 打ち上げもとても楽しかったです。 ▶︎5月15日(日) 再び京都市内に戻り、某ホテルで「早稲田大学京都校友会」でThe NEOのパフォーマンスをさせていただきました。 杉田は慶應、僕は立命、他の方々はみんな早稲田。三つ巴の交流が楽しくできました。 なんといっても早稲田の総長先生とお話しできたのは感激しました。 また「早稲田の栄光」なる曲を、慶應の杉田と立命の僕が演奏するという実にシュールな構図がありました。 また、更には僕の叔父(故人)が早稲田ラグビーの花形だったので感慨深いものがありましたね。 終了後は、神戸に移動しての所属事務所本社に杉田と宿泊。 ▶︎5月16日(月) 杉田は衣裳のための採寸。ボクは西宮でレッスン。 ▶︎5月17日(火) 西宮でレッスン。夜走りで宮津へ。 ▶︎5月18日(水) じょん・のれんで使用した機材(PAとエレピ)を機材車から降ろす。 ▶︎5月19日(木) 天佑庵ピアノホールでレッスンだらけ。 ▶︎5月20日(金) 翌日の福知山でのライブの譜面書き。 ▶︎5月21日(土) 福知山在住のプロのジャズピアニスト美市川さん宅を訪問。 「レッスン・カフェ・ライブ会場・住居」を兼ね備えた素晴らしい古民家。 美市川夫妻の純粋で熱い想いと素晴

映画「ラストメッセージ」を観ました!

イメージ
上松道夫監督のドキュメンタリー映画 「ラストメッセージ”不死身の特攻兵”佐々木友次伍長」 を去る5月7日、大阪府茨木市で観てきました。 9回出撃し生還した特攻兵の生々しい証言の映画でした。 東京にお住まいの上松監督は、ボクの京都妙心寺でのコンサートや南青山マンダラでのコンサートにご夫婦でご来場くださって、ボクの音楽を聴いて下さいました。 ボクは上松監督のこの映画をなんとか観る機会はないものかと思っていましたところ、大阪の茨木市で上映されることを知り、ようやく観ることができたのです。 上松監督は、ボクより10歳年長。 テレビ朝日で「ニュースステーション」をご担当されていて、「報道ステーション」を立ち上げられた方です。 この映画は「戦争が人を狂わせてしまう」「国の為に自分が無くなってしまう」ことを、佐々木さんの病床での生々しい証言を引き出しています。 元特攻兵から戦争の記憶を引き出すことはとても難しいはずなのですが、上松監督とディレクターの御手洗志帆さんは、実に誠実に、そして巧みに、見事に引き出されました。 また、そのインタビューの中で「フィリピンで、日本軍に連れて行かれていた2人のフィリピン人女性を逃してあげた」という証言もあり、外国の一般の女性の強制的な連行があったことを知り、衝撃を受けました。 現在、ロシアがウクライナに侵攻し「日本にとっても対岸の火事ではない」との世論を多く聞くようになっていますが、やはり戦地では人は「異常な心理状態」になってしまう。 「戦争だけはやってはいけません」 ボクと杉田あきひろの「The NEO」からの戦争に反対するメッセージ曲は、「脱走兵」「リリーマルレーン」「或る兵士の唄」です。 ぜひコンサートやライブで聴いてほしいです。 最後に、当日配布された資料集の中から、この映画の参考文献や推薦書を掲示しておきたいと思います。 (1)「陸軍特別攻撃隊」上・下巻 高木俊朗著     新版1983年8月1日 文藝春秋刊 (2)「陸軍特別攻撃隊史」生田惇著      昭和52年12月20日 ビジネス社刊 (3)「不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したのか」     鴻上尚史著 2017年11月20日 講談社現代新書刊 (4)「レイテ戦記」大岡昇平著     1971年 中央公論社刊 (5)「山中放浪」今日出海著     1978年 中央公論社刊