投稿

ラベル(ラジオ)が付いた投稿を表示しています

8月のラジオのお知らせです!

イメージ
昨日、尾道日帰り弾丸仕事から神戸の事務所に戻って、今日はThe NEOのアルバムのミックスの予定だったのですが、その作業が延期になったので、事務所で事務仕事をやってます。 で、ラジオのお知らせです〜! 8月の放送は終戦記念日直前でやはり特別なものになってしまいますね。 そして実は来月からこの番組、ついに20年目に突入するのです。 ほんとに自由に番組を作らせて下さっているさくらFMの皆さん、北村前社長、そしてディレクターの矢野さん、そして、ボクをラジオパーソナリティーとして育てて下さった平松さん、始めにスカウトしてくださった増井さん、心より感謝いたします。 さて、 今月のラジオ「金谷康佑のJazzy Square」(さくらFM)は、 10日(水)の夜8時から9時まで、 なんと! 東京からzoom生放送でお届けいたします。 そして、素晴らしいゲストがお二人。 まず、FM立川の帯番組「パークサイドスクエア」で、毎週木曜日17時から19時を担当されているパーソナリティーの「高井順子」さんです。 そして、The NEOの相棒「杉田あきひろ」です。 3人がそれぞれ都内の別の場所からzoomで配信いたします。 ハタマタどんな番組になるんだろ!?笑 そして、音源は全8曲(以下の通り)用意しましたよ〜! 1)Summer Song(金谷康佑AheadQ・芳野藤丸作曲) 2)ひまわり(ヘンリー・マンシーニ) 3)わたしが一番きれいだった時(沢 知恵) 4)一本の鉛筆(伊藤君子) 5)島唄(BOOM) 6)或る兵士の唄(ちたにうむ22・金谷康佑作曲) 7)脱走兵(杉田あきひろ・ボリスヴィアン作詞作曲・鈴木創士訳詩) 8)未来へと続く道(The NEO・金谷康佑作曲) ▶︎そしてお便りのお題は! 1)原爆忌に思う 2)終戦記念日に思う 3)南青山と福島のThe NEOのライブ行くよ〜! 4)自由題 皆さんからのお便りをお待ちしています! 何卒よろしくお願いしますm(_ _)m <さくらFMを聴くには> ▼ラジオで聴くなら周波数は78.7MHzです。 ▼スマホなら「Radimo」をダウンロードしてください。  世界中、どこでも聴くことができますよ! ▼さくらFMのHPからも聴取できます。 sakura-fm.co.jp ▼メールでのお便りは   787@sakura-fm.co.

今月のJazzy Squareは杉田あきひろが!

イメージ
長かったGWも今日が最終日!? 皆様はどのように過ごされましたか!? 少し肌寒かったですが、比較的晴れの日が多かったかな。 ボクは「久しぶりに」多忙なGWでした〜。笑 さて、今月のラジオ「金谷康佑のJazzy Square」(さくらFM)は、11日(水)の夜8時から西宮のさくらFMスタジオから生放送でお届けします。 今月はボクの唯一の「フュージョンアルバム」である「MUTATION」を全7曲、たっぷりとかけたいと思います! 初夏の到来が待ち遠しい中、夏のドライブに最適なアルバムっすよ〜!笑 (※購入希望の方は、ボクの公式ホームページ course-k.jp の中にネットショップがありますので、そちらでご購入ください〜!宣伝(^_^;)) そして今月は生電話で「スペシャルゲスト」に出演していただきます! ジャジャーン! 第9代NHK歌のお兄さんで「The NEO」の「杉田あきひろ」さんです! 今月12日の祇園のバハブラットジャズライブ(夜公演)への飛び入りのことや、14日の宮津のイベント「じょん・のれん」(夜公演)出演のお話。 そして、以下、まだチケットは発売されていない各公演ですが、 7月17日の「みやづ歴史の館文化ホール」での「音楽のチカラ感動コンサート」(昼公演)、8月7日の京都市内でのライブ(昼公演・壬生寺ではなく、会場模索中。)、8月13日東京南青山「マンダラ」(昼公演)、8月14日千葉流山市の「スターツおおたかの森ホール」での「ウクライナ支援コンサート」(仮称・たぶん昼公演)のことなどたっぷり語り合います。 ▶︎そしてお便りのお題は! 1)戦争と平和(またまた先月に引き続き) 2)あきひろお兄さんへのファンレター! 3)The NEOへの激励〜!!笑 4)自由題 皆さんからのお便りをお待ちしています! 何卒よろしくお願いしますm(_ _)m <さくらFMを聴くには> ▼ラジオで聴くなら周波数は78.7MHzです。 ▼スマホなら「Radimo」をダウンロードしてください。世界中、どこでも聴くことができますよ! ▼さくらFMのHPからも聴取できます。 sakura-fm.co.jp ▼メールでのお便りは   787@sakura-fm.co.jp ▼ファックスでのお便りは、0798-37-5514 となっています。 #さくら FM   # ラジオ

あっという間の20年

イメージ
2003年8月ごろでしたでしょうか。ボクの45歳目前の時に、旧知の アナウンサー増井孝子 さんから連絡があって「ラジオ番組を持たない!?」とのお誘いを受けました。 とてもびっくりしましたが、番組のタイトルが 「さくらFM音楽室」 で、毎週水曜日に異なるアーティストが独立した番組をもつという趣旨でしたので、やらせていただくことにしました。 第一水曜日がジャズシンガーのキャンディー浅田さん、第二水曜日がボク、第三水曜日がカントリーシンガーの稲葉和裕さん、第四水曜日がアカペラグループのダイナマイトしゃかりきサーカスさん、第五水曜日が元宝塚の明日香都さんという布陣でスタートしたのです。 ディレクターは平松宏次郎さんで業界の大ベテラン。 言葉は多くありませんが、的確なアドバイスをいつもいただきました。ラジオパーソナリティーとしてのボクは、平松さんに育てていただいたと言っても過言ではありません。 ボクの番組は 「金谷康佑のJazzy Square」 というタイトルにしました。 今年の9月から20年目に突入します。 歳もとるわけですね。笑  さて、 さくらFMは98年3月に開局し、まもなく25年が経とうとしています。 阪神・淡路大震災の直後に、西宮北口の当時のボクの事務所から徒歩1分の所に災害ミニFMラジオ局としてスタートして、紆余曲折があったみたいですが、今、とても素晴らしい企業となっています。 社員の皆さんは、中堅どころの年齢の方々で、知識が豊富で、技術も高く、バイタリティーに溢れています。 そして、たくさんいらっしゃるパーソナリティーの方々も、個性的で、MCとしての技術も高い方々ばかりです。 このブログの読者の皆様、さくらFMをぜひご聴取くださいね。 さてさて、 今月の 「金谷康佑のJazzy Square」は13日(水)の夜8時からです。 西宮のさくらFMスタジオから生放送でお届けいたします。 東京での「The NEO」の旗揚げライブを目前に控え、 今月は「杉田あきひろ」と「The Trio Empathy」の特集で、 過去のコンサートの音源をたくさんかけたいと思います。 ロシアのウクライナ侵攻が長引き、泥沼化の様相を呈しています。 杉田あきひろの反戦の歌も織り交ぜています。 ▶︎そしてお便りのお題は! 1)戦争と平和(先月に引き続き) 2)東京ライブ、めちゃ楽しみです〜

KBS京都ラジオ「本日、米團治日和。」

イメージ
先月、桂米團治さんの番組「 本日、米團治日和。 」にゲストとして出演させていただきました。 その放送日時が近づいてきましたのでお知らせいたします。 4月6日(水)と13日(水)のそれぞれ午後5時半から6時まで。 2週にわたって放送されます。 この収録をボクは本当に楽しみにしていました。 米團治さんは、ぼくと全く同い年生まれ、同じ学年なんです。 高校は、 ぼくが県立芦屋高校で、米團治さんは県立尼崎北高校。(←進学校) めちゃ近くて、同じ阪神間の空気を吸って高校時代を過ごしただけでも親近感バリバリです! そして、クラシックをはじめとする音楽に造詣が深い方で、オフマイクの時は音楽談義で盛り上がりました! 実は14年前、サンケイホールの今は亡き田村支配人からオファーをいただいた仕事が、2008年の「米團治襲名披露」の時に、会場のサンケイホールブリーゼのホールに続くロビー通路でボクがピアノ( ピカピカの木目のスタインウエイ )を弾いて米團治さんを迎える、というものでした。 その時、たくさんの取り巻きのスタッフ等の方々に囲まれて、スタインウエイを弾いているボクの横を通ってホールに入っていかれました。 実はその時「目が合っていた」ので、ご本人に何かしらの記憶があるかお尋ねしたところ「いっぱいいっぱいだったと思います。覚えてません。」とのお言葉。 なんと正直で赤裸々な方やな〜と感じ入りました。 ※余談ですが、その時にスタインウエイを手配し調律してたのが、今現在ボクの調律をしてくださってる磻田さんだったのです! ご縁は繋がるものですね! 米團治さんは、落語界の大御所でいらっしゃいるにも関わらず、 人を圧するのではなく、フワッとした優しいオーラを発せられる方 でした。 「ホンモノもどき」は凄い圧のあるオーラを発します。 しかし「本当のホンモノ」は人に圧力をかけるオーラなんかかけません。 一見普通で心がホンワカしてジワっと温かくなるオーラを出すものです。 ボクが学ばねばならない一番大切なことだと思いました。笑 米團治さん、 ありがとうございました。 KBS京都のAMとFMの周波数は添付の画像にあります。 今時ですからパソコンで聴くこともできるし、スマホアプリ「radiko」でも聴取可能です。 皆様、ぜひお聴きくださいね! https://www.kbs-kyoto.co.jp/